フランス土産 缶詰試食大会

スペインの会では、ピンチョス風のパンに便乗してフランス土産の缶詰をみんなで試食しました。
e0191974_10252085.jpg


こちらの6品です。左2品、中央上はムース、中央下はリエット、右端2つはテリーヌです。詳しく説明していきます。


e0191974_10282216.jpgMousse
すりみのやわらかいパテ
Homard:ロブスター、オマール、うみざりがに
Cognac:コニャック(コニャック地方のブランデー)
Saumon:サーモン
Estragon:エストラゴン(香草、キク科ヨモギ属の多年草)
Basillic:バジル
Thon:まぐろ
魚介類をムース状あるいはクリーム状にし、そこに特徴あるハーブやお酒をいれたフランスならではの缶詰。
これらはギャラリーラファイエットで買いました。

e0191974_10373720.jpgTerrine
バターや豚の背脂を敷き、挽肉やすりつぶしたレバー、魚のすり身、切った野菜、香辛料などを混ぜたものを詰めてオーブンで焼いた料理。湯せんで火を通す場合もある。
Campagne:田舎風の
Noisettes:はしばみの実
Gascone:ガスコーニュ地方
こちらはサンジェルマンの缶詰やさんで買いました。空港にもセットで免税店などで安く売っていました。くせがありますが、お酒にあう1品です!


e0191974_1039297.jpgRilletes
主に豚の脂の多いひき肉を煮て、荒熱が取れたら容器に移し、冷やし固めたもの。パンなどに付けて食べます。これはボンマルシェで買いました。こちらは私がしつこく言ってましたイノシシです。パッケージも私好み(猪のマークがただ面白いだけですけどね)。行く前から気になっていた猪のリエット。脂がかなり多いように感じましたが、さほどくせもなくパンにとてもあいました。


私はテリーヌ2品が一番好みでした。くせがあってパンにもお酒にもとてもあいました。Oriさんはいかがでしたか?だんな様の反応もぜひお聞かせください!表現力が乏しいので、参加いただいたみなさんもよろしければご感想ください。

・ayu・
[PR]
by papotage | 2009-11-01 08:16 | コラム!   Un journal
<< スペインを包む Octobre 2009*Je... >>