*Je faire un voyage au Fukushima*

e0191974_7372333.jpg福島へ旅した時に出会ったうさぎの型がこのような形になり福島へ帰って行きました!すべてはつながっているんだな~と考えずにはいられない出来事でした。

お話の始まりは約3年前、ある講習会で福島で雑誌の編集を仕事としてらっしゃるSさんとの出会いからです。Sさんはとても気さくな方で、どんな人ともすぐに仲良くなってしまうすごい人材です。その人柄に惚れ、いろんなお話をするうちに福島へ遊びに行くことになりました。その時の旅が本当に素晴らしかったです。Sさんのつれていってくれるところはすべて、おいしいものと暖かいものでいっぱいでした。ご実家はなめこ農家で、その隣では農家レストランを経営されており、そこで食べさせてもらった朝ごはんは本当においしかったです。大自然のなかでおいしいもの、何よりもとっても暖かい福島の人たちとの出会いにとても癒された旅でした。

そして昨年2度目の福島への旅。今度はOriさんも一緒です。Sさんは本当に素晴らしい旅のコーディネートをしてくれて、たった2日間の旅でしたが普通では得ることのできないたくさんのことを吸収できる旅でした。Sさんの案内してくれる先々には、その土地で自分で何かをつくりあげ生きていくという人たちとの出会いが待っています。それは本当に良い刺激になり、私もそんなふうに生きてみたいと思わずにはいられなくなります。この旅についても詳しく詳しく書きたいという気持ちでいっぱいなのですが、とても長くなりますので前置きはこのくらいで。

そんな旅の中で出会ったものの一つがうさぎのクッキーの型です。「うさぎや」というお店でOriさんが発見し(いつも本当にかわいいものを見つけ出す力に感動します)、これはかわいいですねと一緒になって買いました。うさぎやさんはその名の通りうさぎの雑貨であふれていました。ちょっと年配の女性が経営されていて、Book Crossing(本が世界を旅する活動で、店の前にある本は自由に持ち帰り可、それを持って帰って読んだら次の誰かに手渡す、誰か拾ってくれそうなところに置く、そして本が旅する)なんてイベントもされてて、面白いことやってるな~なんて思ったりしました。


そんなこんなで年月は過ぎ、3度目の来福。とても嬉しいことになんとSさんがご結婚され、式に呼んでいただき、Oriさんのセンスが光るメルシーうさちゃんクッキーとともに福島へ!本当にかわいいクッキーです!120枚近くのクッキーを大きな段ボールにつめ、うさちゃん達を送付した時の嬉しさはこの上ないものでした。

そして式。テーマが「ほんとの空の下の特別な一日」ということで、なんかとてもSさんらしい式で感動してしまいました。場所はあだたら高原で、この地域のキャッチフレーズがなんと「本当の空がある」です。福島の空は本当にきれいなのです。とくに夜の満天の星は東京では絶対に見れないものでした。私は本当の星空を生まれて初めてこの福島で体験したのでそれくらいきれいなんです。Sさんの式はSさんらしい、手作り感あふれる、あったかくてそして美味しい癒しの式でした。なんとウェディングドレスも手作りです!とてもきれいでした。様子を少しのせます。

e0191974_8181378.jpg


なんか本当に素敵でした。そして最後にPapoのうさちゃんクッキーが配られて、「あ~すべてはつながっているんだな」と不思議な気分で去りました。


e0191974_8204311.jpg指輪とともに!末長くお幸せに☆


e0191974_822283.jpgいまだかつてない感動もののひきでもの。Sさんのお母様の手作りパンです!お母様は道の駅でパンを販売されていて、このパンがとっても美味しい。ぺろりと食べてしまいました。本当に嬉しい引き出物です!また長くなってしまいましたが、ここには書ききれないくらいのいろんな幸せにあふれた癒しの旅でした!
[PR]
by papotage | 2010-07-04 08:16 | ボンボヤージュ! Une class
<< Juillet 2010*Je... Un Deux Trois P... >>