Un Deux Trois Papotage#03BAGEL

Un Deux Trois Papotage#03BAGEL
~パンとお菓子で旅するノート~
e0191974_22571537.jpg

食べ比べ第3段は人気のベーグル!新店舗をはじめベーグルshopの走りとされている店舗も含め9店舗分をご用意しました。ご覧の通り形、大きさ、焼色、艶感などさまざま、重さも90g〜193gと驚きの差でした。最小ベーグルからすると最大ベーグルは倍の重さでしょ!最小ベーグルの安価な秘密に気付くことが出来ました!また、チェーン店化されているshopのものはどれも機械的な形で、手作りでつくっているベーグルであろう店舗は不揃い、ですがとても良い表情に焼けていると私は感じました。皆さんはどうでしょうか?
e0191974_22572159.jpg

また個々のベーグルの素材を探っていくと、普段のパン作りでは登場しない素材を発見!それは、「モルトシロップ」です。いわゆる麦芽糖!
調べてみると「モルトシロップとは麦芽糖のことで、水飴の主成分となる砂糖類、麦芽糖にはモルトシロップの他にモルトエキスとモルトパウダーがあります。モルトシロップを使用すると酵母の醗酵が促進され、パンの外皮の色や香りをよくする働きがあります。フランスパンのような外の皮の硬さが大切なパンは、砂糖を使うより、モルトシロップを使用した方がおいしい仕上がりになります。手に入らない場合は水に砂糖1%とスキムミルク0.5~1%を溶いて代わりにすることもできます。」との事!
糖分を加えたパン生地は若干焼色が強く出ます。更にモルトシロップだと麦芽の良い香りがプラスされ砂糖とは異なった独特の香りがするのでしょうね。ちなみに、私が気に入っている店舗のベーグルにはこのモルトシロップが使われていました♪

e0191974_22572498.jpgプレーンベーグルひとつで今回もいろいろな発見がありました。皆さんのベーグル作りや今後の購入の際にベーグルを見つめる眼差しが少しは変化するのではないか、、、と期待しつつ私も自分のベーグルのレシピを見直そうと思いました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました♪そして私の退職後初の集まりという事でお気を使っていただいたK夫妻ありがとう!スパークリング美味しかった、後半ほろ酔い気分、ごちそう様でした・・・!


本日のお惣菜&デザート
「インゲン豆とソーセージ煮込み、蒸し野菜添え」
「フランス仕込み(ayuちゃんの)パンプキンパイ、栗の渋皮煮、抹茶アイス添え」
e0191974_23334947.jpge0191974_23334768.jpg

p.s.
Kさんのトリック オア トリート〜♪での乾杯の音頭、最高でした!危ない危ない、、、言い忘れるところでした(笑)。
[PR]
by papotage | 2010-11-02 23:55 | コラム! Un journal
<< 「2010年摘みたて 搾り立て... 「Un Deux Trois ... >>