とても素敵な出会い

e0191974_5393284.jpg

日本で近所のサンドイッチ屋さんにパリのパティスリーで働いている知り合いがいるから紹介するよと言われパリで会うことになりました。その方が本当に素敵な方でした。このお花みたいな人でした(本当に!)。30歳というちょっとした節目を手前にいろいろ考えてしまっていた私に、すかっと心が晴れる言葉をくれました。ここ1年間、眠れない、常に不安、自分のことが嫌いで、人と会うのも嫌になってきたり、東京が嫌になったり、なんだか嫌々ばかりでしまいにゃ精神科おくりという始末。あんまりマイナスのことを書いてはいけないと思いますがだからこそはるばるここまでやってきたのです。もともとお菓子作りが好きだったこともあり、そもそも逃げる気持ちで始めたフランス語。そして二度目のフランス。そんないきさつを話したら、「やめて好きなことをしたらいい。健康な体があれば失敗したってやり直しは利くしなんでもできる、なんとかなるよ」と。その時本当にすかっとしました。私の心によりそう素敵な言葉をもつお花のような方は日本でいつか自分のお店を出したいそうです。きっと優しいお菓子をつくるのだろうな~と思いました。お店ができるのが待ち遠しいです。ただ公園での数時間の話の中でしたが、目的をもって夢をもって生きている人と話すとなんだか元気がでます。それからそういう言葉をもてる人になりたいと思いました。少し語りをいれてしまいました。あと1日!安全第一、少し散歩してきたいと思います。
[PR]
by papotage | 2011-08-09 06:25 | 旅 jour
<< 歩いても歩いても 「お菓子を作る」という作業も芸術 >>