カテゴリ:ボナペティ! Un magasin( 3 )

栗について

私は栗が大好きです。特に渋皮煮。私と渋皮煮の出会いは高校生の時です。友達のお母さんが作ってくれたのをいただいたのですがこれが感動モノでした。世の中にこんなおいしいものがあるのかと思ったくらいです。買うととても高いので作ってしまえと思ったのがきっかけで、毎年つくるようになりました。

(材料)
・栗
・砂糖(栗の1/2~1/3量くらい)
・炭酸水素Na
・好みのお酒(ラム酒、ブランデーなど)

(作り方)
①栗がひたひたになるくらいのお水、炭酸水素Na小2程度いれて再沸騰10分煮る。
②甘皮を傷付けないようにむく
③ひたひたのお水、炭酸水素Na小2いれて再沸騰10分(中火くらい)
④お湯をすて冷水にさらしながら余分な皮をあらい流す。
⑤くりがやわらかくなるまで③④を繰り返す(だいたい2回くらいでやわらかくなる)
⑥お湯をひたひたにはり再沸騰10分、お湯を捨てる
⑦⑥を3回くらい繰り返し、液の色がうす紫色になったらOK
⑧新しいお水をはり砂糖を何回かにわけて煮る。
(濃度をだんだん濃くしてにていくとよく味が染みる、豆を煮る時とかもそう)
⑨栗だけとりだし、ラム等を好みの量いれ適当な砂糖濃度になるよう液をにつめる  

栗を液にひたし冷蔵保管しておくと1日くらいで味が染みる。
瓶にいれておくと便利です。
とにかく私は適当につくっていますので自分なりにつくってみてください。
写真は栗がわかりにくいので液を除いて写真をとっています。これに液が入って保管する感じです。

e0191974_2112258.jpg・ayu・
[PR]
by papotage | 2009-09-18 21:14 | ボナペティ! Un magasin

目白 花想容

目白駅から歩いて6分くらいのところにある和カフェです。
あんみつやお抹茶が食べれます。
席数が10席程度しかないので3組でいっぱいになってしまいますが古いお家で
緑にかこまれていてとても落ち着いた雰囲気のお店です。
ゆっくりお茶をしたいときにはいいかもです。

万華鏡や帯や帯締め、籐のかごなども販売しています。
着付け教室もやっているようです。

e0191974_2042052.jpg

 ・ayu・
[PR]
by papotage | 2009-09-03 20:43 | ボナペティ! Un magasin

薬膳カレーじねんじょ

先週の日曜日に谷中を散策してきました。

お昼に薬膳カレーを食べました。
基本ルーにはヤマノイモ、アシタバ、スギナ、カキノハ、クワノハ、ビワノハが入ってるみたいです。
薬膳の甲斐あってか体がかなりポカポカしてきて汗がでてきました。
血流の悪い私にはぴったりのカレーで元気がでました。
お店は昭和の雰囲気でとてもゆっくりとした時間が流れていました。
このお店は白山にもあるようです。

そのあと雑貨屋さんやベーグル屋さん、アップルパイのお店、ステンドグラスのお店などいろいろ行きましたが私が気になったのはやたら談志師匠の直筆のいろいろなお言葉が飾ってあるせんべいや。

もちろん師匠の写真もありました。お店のおっちゃんは師匠ははじめその弟子たちともすべて知り合いだそうで。せんべいよりそのお言葉のほうが気になってしまいました。

そして散歩の最後に金太郎飴本店であんこ飴と金太郎飴を買いました。
このあんこ飴なかなか捨てがたいです。なめてると中に入ってるあんこが最後にさーっと口の中で溶けていきます。

いろいろなものを見たり食べたりとても楽しい散歩でした。
またみんなでお散歩いろいろ行こうね~

e0191974_2018620.jpg

  ・ayu・
[PR]
by papotage | 2009-09-03 20:33 | ボナペティ! Un magasin