カテゴリ:旅 jour( 57 )

旅の続きは日本へ

今回思ったこと

“電車は進行方向に向かって座る”

“オーガニックって何?”

e0191974_15511447.jpg

この時期ナパのブドウ畑は菜の花に浸食されているの巻

ご興味あれば続きしばしおつきあいを!
[PR]
by papotage | 2010-02-21 15:55 | 旅 jour

Sunnyvaleにいるうちに

Sunnyvaleは郊外でとても住みやすそうなところです。こちらにいるうちに。

e0191974_1646347.jpge0191974_16465948.jpge0191974_16472016.jpg

標識が好きです。ちょっと見にくいですがOlive通り。

e0191974_16481841.jpge0191974_16484953.jpge0191974_1649311.jpg

e0191974_16512636.jpge0191974_16515279.jpg

きれいです。↓
e0191974_1653627.jpg

[PR]
by papotage | 2010-02-20 16:54 | 旅 jour

霧のサンフランシスコ&おばさん?

e0191974_6404898.jpgサンフランのお天気は雨季と乾季にわかれているくらいで四季はないようです。そして内陸の熱気と太平洋の寒気がぶつかって霧が発生します。だからこんなに曇っています。朝はいつもこんな感じでとても視界が悪いです。だから天気予報でもFogという項目があります。日中には晴れてきますがこの日はずっとこんな感じでした。滞在場所はサニーベールというシリコンバレーのあたりなのでサンフランまではカルトレインとバートという電車を乗り継いで行きました。結構遠いです。そしてもじゃもじゃ頭のおばさんかと思いきやおじさんで驚きました。


e0191974_6465376.jpgゴールデンゲートブリッジ。残念ながら霧が覆いかぶさっています。しかしこれぞ霧のサンフランシスコらしいので、これはこれで良かと思いました。橋は霧の中でもわかるようにオレンジ色だそうです。歩いて渡るのに往復1時間かかります。瀬戸大橋と姉妹橋。作るのはとても大変だったらしく、プロジェクトXを思い出しました。そして車で向こう岸へ渡りましたがそれでも見えない。そしてフルハウスを思い出しました。


e0191974_701086.jpgフルハウスと言えばアラモスクエア。私はあのドラマが面白くて結構好きで、ここには是非行ってみたかったので良かったです!日常にこんなとこでピクニックしてみたいもんです。このビクトリアハウスはかわいいですね~小さいようで中に入ったらとても広いそうです。そして必ず暖炉があるそうです。サンタが来る場所がないとということでしょうか。もみの木を育てている場所がたくさんありました。クリスマスには大きなもみの木を買ってお家に飾るそうです。そしてサンフランは家の値段がとっても高いそうです。億単位だそうです。


霧のサンフランシスコより
[PR]
by papotage | 2010-02-20 07:09 | 旅 jour

カップケーキレポ

こちらではやはりカップケーキがおうちでよく作られるみたいですね。レシピ本がたくさんありました。あとはカントリーマームみたいなクッキー。フェリービルディング(このビル面白かったのでまたかきます)内のあるお店のカップケーキ。

e0191974_1256419.jpge0191974_12562720.jpge0191974_12564586.jpg

見た目がやはりかわいい。

そしてカップケーキやパンケーキを作るための道具。

e0191974_12594193.jpge0191974_1301052.jpg
e0191974_1305682.jpge0191974_131204.jpg

カップケーキ用のグッズがたくさんあります。さらにこんなので持ち運ぶのでしょうか。

e0191974_1345069.jpg


そしてそして。可愛いと思うかざりつけ。

e0191974_1355982.jpge0191974_1362873.jpg

アフターヌーンティーにまで登場。
e0191974_137510.jpg


これは強烈。でも面白い。

e0191974_1384628.jpg


もういっちょ強烈。

e0191974_13112131.jpg


あとアイシングをしたお菓子でかわいいもの。最近よくみますよね。参考までに。これはかわいい。

e0191974_13124421.jpg


e0191974_13135354.jpge0191974_13143274.jpg

最後になんかよくわからない木の実。きれいに撮れたので。

e0191974_13155642.jpg

[PR]
by papotage | 2010-02-18 13:16 | 旅 jour

適当カリフォルニアマフィン

今日はMちゃんとマフィンを作ってみました。アメリカなのでマフィン!材料はこちらを使ってみました。Whole Foods Market(オーガニック食材を扱うお店)などで調達してみました。

e0191974_12425496.jpge0191974_12432272.jpg

チェリーとバニラ風味のシリアル、ブラックベリー

e0191974_12445080.jpg


こちらは殻付きアーモンド。ナッツ類は結構皮つきで売られています。ローストしなくてもかりかりしてるし美味しいです。あと日本のスーパーで玄米を精米するように、その場でピーナッツバターが作れる機械が置いてありました。ピーナッツが練りゴマのような状態でにょろっと出てきます。面白いけどあんなもんばかり食べていたらまさに肥満への道まっしぐらです。

e0191974_12462569.jpg


こちらは量り売りされていました。ビニール袋に欲しいだけ入れてポンドで価格計算です。番号が書いてあってそれをビニタイに記入して封をし購入しました。ファイバー入りパンケーキ&ワッフルとなっていました。粒々と何やら入っておりますね。いろんな種類の粉があり、また英語ということもありどれが強力粉やら薄力粉やらわけわかりません。ある意味挑戦です。あとは砂糖も量り売りされていましたので、ブラウンシュガーを購入。あとバターは普通に買ったら発酵バターでした。

これらを使いましてできたのがこれ。

e0191974_12531698.jpg


中にはドライのクランベリーも入っています。ピンクのシリアルは焼いたらやっぱり茶色くなりました。なので再度のっけてみました。このシリアルそのまま食べても美味しいです!中をわってみると茶色くてオーガニックという感じでした。(もはや勝手なイメージですが)粉の味も面白くて結構おいしかったです。オーガニックってなんなんだろうと若干疑問に思いますが。まあこんなのは気持ちの問題ですね!名付けて適当カリフォルニアマフィン。

子育て中のMちゃんよりコメント
サンノゼにきてはや2ヶ月。この家には大きなオーブンがあるので何か作りたいなぁと思いつつ。ちびっこがいるとなかなか実行できなかったので、今回、ayuちゃんが来てくれて一緒にいろいろ作れそうで(作ってもらえそうで?)楽しみです。マフィンは味がしっかりしていてとっても美味しい!見た目も可愛くて嬉しくなります。次はどんなものができるかな?
[PR]
by papotage | 2010-02-13 12:36 | 旅 jour

カリフォルニア州より

e0191974_12515643.jpgサンノゼに無事着きました。Mちゃん宅ですごくゆっくりさせてもらっています。お子様も3か月前より大きくなりすごくかわいくて癒されています。気温は昼間あたたかくとても過ごしやすいです。桜も咲いています。春みたいでとっても気持ち良いです。朝晩は寒いですが。


今日は14日バレンタインということでスーパーのケーキもこんなふうになっていました。かわいいですね~アメリカのケーキはやはりとっても甘いらしくてたくさんは食べるにはちょっと…という感じらしいです。でも見た目にはちょっと心をくすぐられます。
e0191974_1256312.jpge0191974_12562588.jpg

こちらでは女性がチョコレートを渡すという習慣はなく、男女問わないようです。だから、いたるところでバラの花束が売られていました!男性が女性に渡すようですね。なかなか素敵な習慣ですね!先日の皆様のチョコレートの行方が気になるところです!

またいろいろと気になるものがあればレポートしますので皆様お付き合いくださいね!
[PR]
by papotage | 2010-02-12 12:50 | 旅 jour

京都

出張ついでに京都へ行ってきました。

まずは寺町通り沿いにある村上開新堂へ。よく手土産特集ででてくるクッキーのお店です。とても古いお店で、店で買えるのはロシアクッキーでサブレは2カ月先まで予約待ちだそうで。ロシアクッキーはさくさくしてて甘さ控えめで素朴なクッキーでした。

その後一保堂へ。お茶を自分でいれることができます。私は「北野のかおり」という抹茶の薄茶をいただきました。

e0191974_19525635.jpg



一緒に行ったSちゃんは玉露を飲んでました。湯ざまししてお茶を自分でいれてました。温度が低いほどえぐみがなく旨味と甘みのあるお茶になるそうです。飲んだ感想は3人で「お茶じゃない!」でした。ぜひ一度お試しあれです。私たちはこれは一度飲めばもういいねという話になりました。

e0191974_19581495.jpg


ここで抹茶を買いました。手頃な値段のものを買いました。これでマドレーヌを作ってみたところ驚くほどの香りのよさでした。お菓子作るかたはぜひ試してみてください~値段はぴんきりでいろいろなものがあります。一番安いものでも十二分美味しかったので!

e0191974_20405.jpg



続きまして縁起がつぎに下鴨神社へ。 外人さんが写真撮りまくりです↓白無垢がきれいでした~

e0191974_2045126.jpg


バスの中にて。小学生の作品です。バスの上面両壁側によくわからない小学生の作品がいろいろと貼ってあるのですが、この一句に感心です。かさごと同じ人生…

e0191974_20734100.jpg


器をみたくて、河井寛次郎(陶芸家)記念館へ。とても大きな窯がありました。
e0191974_20144755.jpge0191974_20151933.jpg

しかし器より気になった変なオブジェ。家のいたるところにあります。
e0191974_201762.jpg


猫がこの実を食べてました。

e0191974_20175666.jpg



最後に高台寺のライトアップへ。豊臣秀吉の妻、ねね(北の政所)が開創したお寺です。このお寺にはとてもきれいな竹林や庭園があります。ちょうどライトアップをやっていてこれがその図。水面にうつる木々がとてもきれいで下にも世界があるみたいでした。みんなで感動。


e0191974_20251172.jpg


とても充実した一日でした。

そして今日区役所に行ったら偶然皇太子殿下に会いました。素敵なスマイルでした!

・ayu・
[PR]
by papotage | 2009-11-15 20:29 | 旅 jour

パリ 7日目

最終日です。この日はMさんと一緒にパン屋さんめぐりをしました。

Nation駅からVaugirard駅へ地下鉄を乗り継ぐこと40分。めざすはPichardというパン屋さん。
買ったもの
・Baguette Pichard

e0191974_20331254.jpg
白くてとっても酸味があります。そして細いです。

・Boule au Leavan Bio

これも天然酵母のためかなり酸っぱいです。
e0191974_20335576.jpg



・Baguette Viennoise
・Tarte aux Figue
ヴィエノワーズはミルク、砂糖の入った甘いパンです。すんごい長くて半分にカットして袋にいれてくれます。このパンはMさんが買っていました。私はヴィエノワーズというパンを初めて知って食べたのでちょっと美味しくて感動しました。Mさんのおかげでひとつ美味しいもの知りました。パンの勉強されるということで、やっぱりいろいろご存じで、歩きながら私のパンに関するくだらない質問に嫌な顔ひとつせず答えてくれました。

そしてヴァンブの蚤の市へ。もともとこの日の予定はここに行く予定だったので。

e0191974_20434136.jpg


地図です。ここまで用意周到なことに自分でも感心しました。この緑のしるし沿いにお店があります。骨董市なのでやっぱり年代物がたくさんあります。朝早かったため、お店の人たちは小さな箱の上で朝食を食べていました。ワインとかバケットやハムとかが置いてありました。あるおっさんたちは、チェスではないですがなんかゲームをやっていました。Mさんと「日本でおっさんたちが道端で麻雀でもやろうもんなら、かなりの不評を買うのにね~」などと言いながら、自由なフランス人たちを横目に歩きました。

買ったもの
e0191974_2052345.jpg


形がかわいくていっぱい買ってしまいました。フォークは1€ボックスからさがしだした4本。

e0191974_20534273.jpge0191974_2054424.jpg

レースやボタンがたくさん売られているお店で買いました。とてもかわいいものがたくさんありました。アンティークのボタンはすごく高かったです。なので私は2€ボックスからボタンを選びました。店員のおっさんは日本語が通じます。日本語大丈夫よ~といわれました。そのため日本人がいっぱいいました。日本人相手に商売しているのかもですね。洋服をつくっているという日本人がいて、ボタン買いまくっていたので話を聞いたところ、毎年パリに来ていて、ここのお店でボタンを買いまくるそう。「とっても安いの!」と言ってものすごい勢いでボタンを選んでました。そしてまたカフェオレボール。まけてもらって買いました。リボンのモチーフが気に入って買いました。緑というのもお気に入りです。買物はこれで終了です。思う存分買いました。持って帰ることを思うと憂鬱でしたが。

Porte de VanvesからLa Tour-Maubourgまで移動。
さあまたまたパン屋めぐりです。
Pain d'epis
穀物農家に生まれ、農業学校出身のデュポアさんのお店。
買ったもの
・Baguette
・Baguette Viennoise

e0191974_21111748.jpg


ここのパンも酵母はほんの少しで小麦の力でふくらませているようです。甘味が強くて酸味が少ない。この日食べたバケットの中では私は一番好きです。どうやら私は酸味が少なく小麦粉が頑張っているパンが好みのようです。パンデザミもそんな感じのうたい文句でしたので。ヴィエノワーズはやっぱり美味しくて、たくさん食べてしまいました。こんな形ですごく長いのです。ピシャールさんのよりこっちのほうが黄色くて卵が入ってる感じがしてしっとりしてておいしかったです。
・Brioche
・Chausson aux citron

e0191974_21114842.jpg


パイ生地の中にレモンカードが入っていて、上にグラニュー糖がかかっています。りんごではなくレモンということで買ってみました。

Jean Millet
ここはパン屋ではなくパティスリーでした。Pain au Chocolatが有名だそうで買ってみました。


e0191974_21224510.jpg


パンオショコラはクロワッサン生地の中に板状のチョコレートが中に2本ほど入ったものだそうです。
中をわったらすごい細いチョコが2本入ってました。Mさんはこれはケチ臭いといってました。お昼はこの近くのちょっと有名なお店に行こうと思っていたのですがなんとシェフがニューヨークへバカンス中でした。ちなみにラミジャンというお店です。レストラン界では有名だそうです。どなたか行かれる方いたらぜひ感想教えてください。私は「リオレ」というライスプディングが食べたかったのです。残念無念。

ということでエッフェル塔の下で、タルトやらパンオショコラなど食べました~これはこれでよかったです!
e0191974_21343232.jpge0191974_21345476.jpg

観光客だらけでした。

そしてまたさっきの駅からPassyへ。このあたりは高級住宅地だそうです。
Desgranges
2005年の最高バケット賞 3位だそう。パティスリーはもちろん、お惣菜も売ってました。
買ったもの
・Baguette(断面大きくて外側カリカリ中はふわふわ、焼き色濃い)
・Baguette Campane(すっぱすぎて硬い)
・Pain a’ lorange
・Ficelle au sesame
私はあまりこのお店は好みではありませんでした。

帰っていろいろならべてみました。
e0191974_21452657.jpg



左からディグランジェのバケット、パンデピのバケット、ピシャールのバケット、ディグランジェのバケットカンパーニュ、ピシャールのパンオルバン、ピシャールのヴィエノア、パンデピのヴィエノアです。色も形も全然違って本当に手作りって感じがしていいです。香りも全然違います。これがこれってメモッていなくとも覚えられるのです。パンは面白いです。本来食べ物は自然のものなのに、棚に並ぶ既製品はすべて同じものでなければいけないことこそ怖いと日々思います。フランスのパンはそれぞれ粉から酵母までパン屋ごとに個性的です。持ち歩いてる時の香りの強さに驚きます。Mさんと一緒にパンの研究です。これから1年間頑張ってほしいもんです。

日曜日は家のまわりのだいたいのお店はお休みでした。モノプリですら休みでした。こんな時コンビニの便利さを思い出しました。

夕方Nicoleがお家に遊びに来ていた両親を送るついでにドライブに誘ってくれました。おばあちゃんのほうはアルツハイマーのようで言葉がもうしゃべれないみたいでした。うってかわっておじいちゃんのほうはそれはもうよくしゃべってました。いろいろ説明してくれてました。やっぱりおばあちゃんが言葉をしゃべれないので、とても悲しいはずだと言ってました。NationからRepubliqueへ、玉木をみたLes-Hallsをくぐりルーブル美術館を左手に眺めながらコンコルド広場へ。この広場はこの時間の光の具合が一番いいのよと教えてくれました。シャンゼリゼ通りを通りシャネルやらなんやら高級ブティックのある通りを過ぎ、じいさんばあさんを家までお見送り。エッフェル塔の横を通り過ぎセーヌ川沿いをずっと走りました。シテ島、サンルイ島、マレそれからバスティーユヘ。全部歩いたな~と思いつつ車だと景色がまったく違います。生まれてからパリ市内のいろんな区に住んだけどどこも本当に素晴らしいと言っていました。とても素敵な人だなと改めて思いました。

Nicoleは絵が好きみたいで、ノートと紙とクレヨンや絵の具を渡されて忘れないために何か書いてくれと言われました。今までこの家に泊まった方の絵やらメッセージやらたくさん綴られてました。みんな楽しかったんだな~ということが伝わる内容でした。夜なべして作りました。1週間で買ったものなんかをはっつけたりしてなんとか出来上がりました。


e0191974_22154293.jpg



次の日の早朝、タクシーを呼んでもらってOperaまで行き、バスで空港まで行きました。

本当に行って良かったです。半年がかりの準備、いろんな人に助けてもらえました。

Special Thanks
ジャムキット、詳細な行くべきお店ののった地図をつくってくれたOriさん。忙しい中いつも本当にいろんなことを教えていただき、お世話していただき感謝です。ほんとに尊敬します。

はるばる大阪からやってきた所、早朝からルノートルの予約をいやな顔ひとつせず予約してくれたKaoちゃん
感謝です。今度は一緒にフランス行こうね~

フランスをイメージしたと作ってくれたエプロン。本当に気に入ってます。ありがとうBayaさん。とてもセンスがいいのでいつか自分のやりたいことをやって欲しいものです。

Sapoちゃんいつもすぐにコメントくれてありがとう。合羽橋もあのあといろいろ買えたかな?お構いできなくてごめんよ。また新宿集合して遊ぼう~

そして行く前に、TちゃんOちゃんからいただいたお餞別。本は大活躍です。ピアスも毎日つけました。そしてお手紙は手帳にしまっていつも持ち歩きました。二人にはいつも本当にあったかいものをもらってます。ありがとう。

そして、自己満足にすぎない記録を最後まで読んでくださったみなさまありがとうございます。


最後に
ひとつ困ったこと。帰りのターミナルを調べてませんでした。なんか3つくらい離れてターミナルがあるようでこれは本当にバスの中でしまったと思いました。たまたま前に日本人のおっさんが座ってたのであせってタイ航空のターミナルを聞いてみたら、ターミナルを教えてくれた上、困ったらこれを読みなさいと地球の歩き方をくれました。これ本当に詳しいみたいですね~行きはよいよいというやつですね。次回への教訓です。本までくれた親切なおっさんに感謝ですね!

会社でちょろまかしたプチプチやガムテープは本当に梱包に役立ちました。ラップも持っていくべきでした。瓶がひとつだけ破損していましたが他はすべて無事でした。お土産は教室のほうでもこだしに出てくると思うのでチェックのほどひとつよろしくお願いします。

以上です。
[PR]
by papotage | 2009-10-13 21:35 | 旅 jour

パリ 6日目

この日朝はゆっくり起きました。前日に「明日はコンフィチュールを作りたいので、キッチンを貸してもらえませんか?」とお願いしたところ、Nicoleは快く承諾してくれました。私はパティノール市場(毎週土曜日にひらかれている無農薬市場)まで行ってみようと思ったのですが、そんなに遠くまで行く必要はない、土曜日は歩いていけるところで朝市をやっているから一緒に行こうと言ってくれました。朝11時に出発予定。前日にワーホリでこれから1年間フランスに滞在し、パンの勉強をするということで隣にMさんがきたので、出発前まで家周辺の散歩に行きました。家の近くにあるカフェでお茶して(8:30くらいにはもうあいています)、最寄り駅ふたつとエリックカイザーの場所を案内しました。パン屋さんは朝すごく早くからあいています。


エリックカイザーにて

e0191974_18425546.jpge0191974_18583582.jpg

左のピンクのプラリネ入り(Mさんがこれはプラリネよと教えてくれました)のブリオッシュ、右がシューケットです。これがいっぱいもってあると本当にかわいいんですよ!


a.m 11:00 とっても大きなかごバックを持って出発(かごバック写真に撮っておけばよかったと今さら後悔です。すっごい大きいんです。いつも買い物の時には貸してくれました。このバッグがまたお洒落でセンスの良さがうかがえました)歩いて15分くらいで着きました。

e0191974_18353181.jpge0191974_1856934.jpg
人でいっぱいでした。乳製品、魚介類、お肉(豚なんか顔つきです)、野菜、パン、もうそれはいろんなものがそろってて見てるだけでも楽しかったです。アーティチョークがこんなにいっぱいです。あせっていい写真がとれませんでした~すいません。そして果物屋さん。並んでました!20分近く待ちました。しかし私には果物を選ぶための時間にちょうどよかったです。

e0191974_1850381.jpg


これがQuetcheとReincloud。安いのです!!!

e0191974_1933033.jpg


買いたいものをメモしました。

Figue  500g
Reincloud 200g
Quetche 200g
Citron 1
Chasseias 1 (小さなエメラルドグリーン色のぶどう1房)

Nicoleはチーズ屋さんに並んでいて、ちょうど私の番になるころにきてくれて注文してくれました。
かごバッグに全部詰めてフルーツゲットという任務完了です。

そして家へ帰ってOriさん伝授のジャム作り!グラニュー糖は日本から持って行きました。そしてOriさんが持たせてくれたジャム作りキット!小さな瓶と小さなレードル、そして軍手まであるのです。それに私はフランス製のお菓子用木べら、レンガー社のナイフをプラスし日本から持って行きました。箱の中身をNicoleに見せたら、「なんてかわいい瓶!それもこんなにたくさん」と言って驚いてました。これはどこで買ったのか?ということまで聞かれました。さすがOriさんチョイスの瓶ですね。フランス人をも驚かす。

Oriさん伝授 ジャム(コンフィチュール:フランス人にジャムと言っても通じませんでした)レシピ
果物 500g
砂糖 350g(果物の甘味により調節、5割は最低いれる。今回は6割にしました)
レモン汁 1/2個

①果物をきれいに洗って水分をふきとる
②砂糖にまぶして少しおく。水分が出る。その様子↓

e0191974_19192450.jpge0191974_19195244.jpg

③ホーローまたは銅鍋でレモン汁を加えて煮詰める。
④ほどよい粘度になるまで煮詰める。
⑤熱いうちに瓶につめて蓋をしてさかさまにして脱気する。

結構簡単にできました。そしてNicoleがなぜかつきっきりで一緒に作ってくれました。いろいろ調べてくれて、粘度はお皿にのせてかたむけてみてころ合いをはかるということも一緒に見てくれました。できたジャムの報告は以前コメントしたとおりです。ミッション完了です。

そしてこの日はもうジャム作りで疲れたのでNationのモノプリへ最後の買い物に行きました。
モノプリは東京でいうとライフみたいな感じのスーパーです。しかしすべての食材のパッケージがかわいいです。スーパー大好きです。

Oriさんからのマストバイアイテムを揃え、会社への適当なお菓子土産、キッチン用品等々買いまくりました。買い物かごはごろごろひくカートタイプなので非常に買い物しやすいです。そして、私はよくここで惣菜を買っていました。惣菜は100g~販売してます。RF1みたいなもんです。そこで私がやむを得なく覚えたフランス語。「Cent grams de salades sil vousplat」です。100gお願いと。お惣菜はサラダであれば酢と油とハーブくらいのシンプルな味付けのものと、マヨネーズであえたものがほとんどです。どこのお惣菜屋さんでもあったのがキャロットラぺ、クスクスのサラダ、レンズ豆のサラダ、紫キャベツやルバーブの酢漬け等です。メインになるのはお肉や魚料理、ハム(これも枚数指定して買うようでした)、あとはテリーヌですね。移民の方が多いからか、イタリア系やアフリカ系、中国、あとはギリシャの惣菜屋さんとなども他で見ました。野菜や果物の買い方ですが1kgあたりで値段がつけられていますので、袋に自分でとって計量してもらって値札をつけてもらいます。モノプリは少し高級スーパーなのではかりの前におじさんがいて乗っけると値札をうって貼り付けてくれます。(当初買い方がわからず、人がそうしてるのを見て学びました…あやしい傍観者でした。)これが庶民スーパーっぽいとこになると、なぜかセルフでした。

イスラム系のスーパーには香辛料、ドライフルーツなど結構売ってました。

モノプリの話に戻ります。カート用のエスカレーターがありました。お会計は自分でレーンの上において仕切りを置きます。基本的に袋はマイバッグです。パン屋さんとかも袋はくれないので、私は常にひとつ折りたたみの袋を持つようにしていました。レジ打ちの終わったものから順にどんどんつめていきます。IKEAとかコストコとかもそんな感じですよね!ちょっと前にはMETRO(たぶん会員制)というドイツのキャッシュアンドキャリーのスーパーも多摩堺にできましたね。フランスにもMETROがあるらしく、お料理教室で話にでてきて、それ日本にもあるな~とか思いつつ。まあ大量買いで安くですね。

気がついたことをひとつ。レジ打ち店員はどこのスーパーにいっても基本椅子に座っています。こういうところがうらやましいです。日本ではレジ打ちで座ってるなんて、あんまりないですよね。しかも二人体制だったり。頑張りすぎです。

いっぱい買い物しました!

この駅周辺で不思議だったこと。中心にあるオブジェを取り囲むように扇状に道路と小さな広場があるのですが、毎日のように昼間っから、おじさんたちがいっぱい集まってなんかやってるんです。不況のあおりで失業でもしたのでしょうか。あまり近寄りたくないゾーンでした。

交通について。基本、歩行者は信号守りません。なんかすごい適当なんです。渡るタイミングが分からず何度もひかれそうになりました。いつも誰か人の後について渡るようにしていました。

そして私が一番気に入った建物です。こんなところに住みたいもんです。

e0191974_20222279.jpg


部屋に戻って一息。これはタイ航空でもらった生花の飾りです。かわいい花なので飾っていたのです。この日しおれてきたので、撤去。あと一日です。

e0191974_20234412.jpg


[PR]
by papotage | 2009-10-07 19:26 | 旅 jour

パリ 5日目

この日はセーヌ川にあるシテ島、サンルイ島、その後サンジェルマンに行きました。

e0191974_20451543.jpgまずは、シテ島にあるSainte-Chapelleへ行きました。一応世界遺産です。裁判所の中にあるため、入場するのにかなり時間がかかります。セキュリティーチェックがあるためです。かなり並びました。上下2層の礼拝堂の窓は全面ステンドグラスです。2階の礼拝堂は、15のガラス窓に創世記からキリスト復活までの歴史が描かれてます。ステンドグラスがすごくきれいです。



e0191974_20483471.jpg次に向い側にあるノートルダム寺院。ここも長蛇の列です。この寺院の上にはガーゴイルの像があって見に行きたかったのですが、あきらめました。この中もステンドグラスでいっぱいです。ノートルダム大聖堂は郊外にあるため行けませんでしたが、機会があればぜひ行ってみたいです。


その後サンジェルマンへ。このあたりはたくさんのお店があります。ガイドブックをみれば一目瞭然です。ボンマルシェ等もこのあたりにあります。ここでの一番の目的は、ポアラーヌへ行くことです。このパン屋さんはタルト・オ・ポムが有名でこれはぜひ食べてきてということを言われたので行ってきました。とてもかわいいパン屋さんです。CDG空港でもここのパンは免税店で売っています。イギリスにも支店があるようです。
             
中の様子です。かわいいですよね~

e0191974_2191297.jpg


e0191974_21143156.jpgそしてこれがタルト・オ・ポム!すごく素朴で一個ぺろっと食べました。Boucicautという公園で食べました。パリにはきれいな公園がたくさんあります。みんなお昼を食べてたり、お話したり、寝そべってたりしてます。この人たちは平日なのに何をしているのだろうと思わずにはいれませんでした。やっぱりお昼の休憩が長いのかなとか思ったりしました。そして、やっぱりバケットサンドを食べています。

歩いていると、本当に全てがきれいです。

e0191974_2122425.jpge0191974_2123377.jpg

リュクサンブール公園で休憩。

e0191974_21281521.jpg



e0191974_21295670.jpgその後、また歩いて歩いてサンルイ島までたどり着きました。サンルイ島はアイスとクレープのお店がたくさんあります。私はこのお店で食べました。(人が並んでいたのでつい)なんかおいしそうな味がたくさんあったのですが、私が選んだのはNougat Mielです。おいしかった~私の後ろにちょうど日本人の女の子が並んでいて、アイスを一緒に食べました。大学4年生で、バレイをずっと習ってきたので、バレイを見たさに一人パリに遊びに来たそうです。当日券を今からオペラ座までとりにいってみると言っていました。みんな目的はいろいろです。

e0191974_21484915.jpg



セーヌ川です。こんな風景見れて本当にきてよかったと思いました。

e0191974_2155173.jpg


[PR]
by papotage | 2009-10-06 22:04 | 旅 jour