<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Un Deux Trois Papotage

桜も咲いてきてようやく春の陽気がやってきましたが皆様いかがおすごしですか?

さて新しい季節にあわせ、Papotageもリニューアル。ひとつふたつみっつとステップアップしていきたという思いからお教室の名前はUn Deux Trois Papotage。

ではではその内容の発表です。

4月よりのPaotage

Un Deux Trois Papotage
~パンとお菓子で旅するノート~
オリジナルな食の旅をノートにつづりましょう。どんなノートになるかはその人次第。テーマに合わせて食の情報をノートにつづっていっていただきます。もちろんおしゃべりにのせて!

e0191974_7415374.jpg

第1回目の開催日時は
5月30日(日) 11:00~(定員5名) (満席になりました)
テーマはバゲットです。(バゲットの食べ比べ、バゲットサンドの提案、お惣菜、ワインつき) 詳細は来てのお楽しみ。
お教室代は3500円を予定しています。 (※今回は実習・お持ち帰りはございません。)


ご興味ありましたらぜひご参加ください。
ではでは新しいPapotageにてお会いできる日を楽しみにしています。
[PR]
by papotage | 2010-03-31 07:48 | ボンボヤージュ! Une class

Printemps de Papotage!!「nos choses favorite ~おきにいり~vol3.」

★イベント無事終了しました。「完売したよ!」と連絡をいただいたときにはテンションもあがりました。皆様に感謝を。ありがとうございました★

Printemps de Papotage!! ~ 寒さをけとばし、春らしいお菓子を広島へと旅立たせます♪

この度trois liaisonさん主催のイベント「nos choses favorite ~おきにいり~vol3.」に参加させていただきます。この度2回目となります。嬉しい~!! trois liaisonさん、ありがとうございます。お菓子お送りしますね、無事に到着しますように~。
宜しくお願いします。

 イベントの詳細はこちらです♪ 可愛い手作り雑貨・お洋服がたくさんです!
   『広島まで飛んで帰りたいよ~。』
    trois liaisonさん☆詳細はこちら


*menu*
e0191974_2313434.jpg
・ホワイトチョコレートとフランボワーズのロッシェ
パフとフランボワーズでサックリ甘酸っぱいチョコレートのおやつです。










・赤い実のコンフィチュールと天然酵母ザックリビスケット
 小さめのイチゴを見つけるとついつい大量買いしてしまいます。
 フランボワーズと少量のブルーベリーを合わせて作ったコンフィチュール。
 ホシノ酵母を使用した素朴で味わい深いビスケットに付けて贅沢な食べ方
 をしてみてはいかがでしょうか?ビスケットを軽くトーストして温めた上
 にコンフィチュールをタラリ・・・お気に入りの食べ方です♪

・イチゴのスノーボール
 フリーズドライのイチゴがゴロゴロ入ったスノーボール。アーモンドスライ
 スを入れて食感をプラス・・・甘酸っぱさが春らしい定番のおやつです。

e0191974_226840.jpg・動物ビスケット biscuit du coeur
シンプルで素朴な懐かしい動物ビスケット。春は「はじまり」の季節!熱いハートをもっていろいろな事に挑戦していきたいですね。動物達もきっと同じ・・・(笑)。

         and more...

 どうぞ宜しくお願い致します♪♪♪    ・ori・
 
[PR]
by papotage | 2010-03-29 02:16 | コラム!   Un journal

*1年間の食の旅*

1年間Papotageとしてayu先生と一緒にワンプレート制作のお教室を開催してまいりました。

4月 日本
5月 台湾
6月 中国
7月 インド
8月 ロシア
9月 イタリア
10月 スペイン
11月 イギリス
12月 フィンランド
2月 Papotage×Chocolat
3月 フランス

日本を出発し目的地のフランスまでの1年間というのは長いようで短いものでした。そして先週末、無事にフランスへと到着した訳です。

下記のレポをご覧いただくとわかりますよね?最終章とういうまでもなく素敵なプレートを各々が完成させてくれました。今回はお手本はありません。(教室なのに?っとお思いでしょうがこれがパポ流です(笑))最初は戸惑いますが作り始めるとどんどん勢いがついて創作意欲120%で真剣そのもの。逆にお手本が無い分個性のある一皿が出来ているように思いました。

       いかがですか?
e0191974_153102.jpg

一枚のお皿の中でワクワクするような、遊び心のたっぷりつまったフランスのプレート。本当に本当に見ているだけで楽しくなってきます♪


e0191974_1535459.jpg一緒に作る愉しさ
一緒に食す嬉しさ
一緒に過ごす時間のありがたさ

ごちそうさまの一言でとても豊かな気持ちにさせていただきました。この会を開催できた事、ご参加、お問い合わせいただいた皆様とayu先生に、、心から感謝します。
ありがとうございました。   ・ori・


「そして今後のPapotageですが・・・4月に入りましたらブログでお知らせさせていただきたく思います。もう少々お待ち下さいね♪」 


[PR]
by papotage | 2010-03-14 15:20 | ボンボヤージュ! Une class

旅のゴール

パンとお菓子で旅するお皿ということで1年間みなさまと旅を続けてまいりました。旅のゴールフランスのプレートご覧ください。思い思いのプレートの完成です。もはや言葉はいらないかと。
e0191974_1117358.jpg


そして今回のメインデザート!本当にみなさん素敵です。

e0191974_1122951.jpg


飲み物はカフェオレでした。先生はお教室皆勤賞でもあるカフェニドゥよりKさんをお迎えしてコーヒーの入れ方教室。丁寧に時間を数えながらおいしいコーヒーをいれてくださいました。そして温めた牛乳と一緒にカフェオレを楽しみました。もちろんカフェオレボールで。これはチェコの骨とう品でメタリック製。落ちても割れないすぐれもの。この色合いと柄が素敵なマカロンをひきたてます。

e0191974_11294916.jpg


素敵なケーキスタンドとともに。Ori先生のセンスは抜群です!

e0191974_11325466.jpg



Ori先生のキッチンで、みなさまと一緒にいろんな旅をし、素敵な方々に囲まれておいしいものをみんなで食べて、そんな時間を過ごせたことに感謝です。とても勉強になることがたくさんありました。私が折れ曲がりそうな時Ori先生がいつもまっすぐに正してくれました。本当に素敵な先生です。おしゃべりにのせてお皿1枚とキッチンで楽しい旅ができたこと、いろんな出会いがあったこと、本当にありがとうございました。・ayu・
[PR]
by papotage | 2010-03-12 11:52 | コラム!   Un journal

June Taylorさんのジャム

e0191974_81298.jpgバークレーにあるジャムやさんのマーマレードです。お店は倉庫街にあり番地をみながら探しました。しかしお店らしきものがないのです。番地は確かにあってるのに…ドアの前でもしかしてここはオフィスでジャムを売っている場所ではないのではと話していたらドアが開きました。でてきたのはこのジャムを作っているジューンさん。物腰がとてもやわらかくとても素敵な雰囲気の方でした。お店にはいると柑橘系の甘い香りがしました。ちょうどこのジャムを作っていたんだそうです。できたてのジャムを試食させてもらいおいしさに感動。フルーツもおいしいのですがなんか心のこもった味がするジャムです。私がなぜこのお店に行ってみたかったかというと、暮しの手帖41号でジューンさんの記事をみたからです。

ジューンさんはイギリス出身の方で、アメリカを旅行中に出会った方と結婚しバークレーに住むことになったんだそう。だからジャムの作り方もイギリス式だそうです。天然のペクチンだけで固める伝統的なイギリスの手法をとり、地産の果物にあうように試作を繰り返して作り出した自己流のレシピ。そして材料なる果物はオーガニックで地元に根付く在来種で作るそう。1本の木の果物でも作るそう。果物は美しいしジャムを煮るときも美しいものをつくっているのだと意識しながら作るそう。だからなんか心のこもった味がするのだなと納得。大事につくられたこのジャムは色も香りもとってもきれい。大切りのオレンジの皮もいい。

この事務所の名前は「The Still Room」。still roomは蒸留室とか食物貯蔵室とかいう意味なのですが、イギリスでは田舎の屋敷にキッチンとは別にその家の女主人だけがはいれる場所がありそこで秘伝の薬やジャム、ポプリなんかを作るそうです。そういう場所を自己流に解釈した場所がこの場所だそうです。自分の場所で丁寧にものをつくる理念が感じられ買ったジャムを大事に食べようと思いました。

もっと詳しく知りたい方は暮しの手帖を読んでみてください。とてもいい内容です。
最後に「Food is beutiful, All hand all small, Life in nature」という言葉がかかれていて本当に教養のある素敵な方だなと思いました。


おもしろオレンジ
e0191974_8502339.jpge0191974_8504136.jpg

[PR]
by papotage | 2010-03-10 08:51 | 旅 jour

Mars 2010*Je faire un voyage au France*

パンとお菓子で旅するお皿
「お皿はフランスへ」
e0191974_650065.jpg


3月はフランスがテーマです。

設定日時:3月7日(日)11:00〜 (満席)

Menu
         
Gateau:マカロン

Pain:タルティーヌ (お好きな具材をオープンサンド風に盛りつけしていただきます)

Garniture

モロッコ風チキン煮+カリフラワーのサラダ

Tea:カフェオレ (カフェオレボールで飲みましょう!)

最後の実習なのでお皿はご自分で作製していただきます。当日素材をみて、お皿をイメージしながら実習してみてください。
[PR]
by papotage | 2010-03-07 07:04 | ボンボヤージュ! Une class

カリフォルニアワイン

カリフォルニアワインは地方の名前ではなくてぶどうの名前がワインの名前らしいです。赤ワインではカヴェルネソーヴィニヨン、白ワインではシャルドネなんかが有名みたいです。私はあまりワインのことはわかりません!が、カリフォルニアワインおいしかったです。ナパにはたくさんのワイナリーがあって石田純一はなんとかモンダヴィというワイナリーで式をあげるとかいう話も聞きました。サイドウェイという映画をちょうどやっててこのロケ地がナパだったので行ってみたいな~と思っただけです。ということでロケ地に使われたワイナリー。
e0191974_20521385.jpge0191974_204954100.jpgベリンジャーというところです。たてがまえはお城のようでなかなかメルヘンです。装飾もかわいいです。
e0191974_20485148.jpg年度違いのカヴェルネソービニヨンを試飲しましたが、年によって本当に味が違う。日本で買うと2~3倍のお値段するそうです。お土産にはたくさんワインを買ってる人をみました。空港でもワインありますか?と聞かれました。6本入る袋とか、アウトドアーに運ぶ用のリュックなんかも売ってました。そしてみな飲酒運転です。

e0191974_20551294.jpgブドウの木。品種改良されて背が低いのが特長みたいです。そのほうがぶどうをつみやすいみたいです。なんか妖怪の木って感じです。ちょっと不気味。そしてぶどうの木は現在菜の花に浸食されていました。以前写真でのけたかと。でも黄色い景色が一面でとてもきれいでした。お昼はデリコーナーでデリを買って外でみんなワイン飲みながら食べてました。この日とても寒かったのに外人恐るべし。でもなんかとてもうらやましいです。やっぱり景色のよいところでピクニックに憧れます。

e0191974_2121177.jpge0191974_2154058.jpgワイングッズ。グラスの足につけて私のワインですよって目印にするチャームと空気をふくませてワインをつぐグッズ。これに通すとぶどうのかおりがたつような気がしました。

ワインはよくわかりません!が、カリフォルニアワインはおいしかったです。

e0191974_21123288.jpg

                     まるごとりんごチョコ!
[PR]
by papotage | 2010-03-01 21:13 | 旅 jour

Fish Market

海が近いのでやはりお魚をよく食べるそうです。Fish Marketというお店につれていってもらったので写真のっけときます。一番右がCalamariという小さいいかのフライ。

e0191974_7304367.jpge0191974_7305826.jpge0191974_731173.jpg


e0191974_7371571.jpgこれはいろんな魚をスモークしたものの盛り合わせです。カジキ、サーモン、ニジマス、マグロなどなど。パンにのっけてソース(タルタルとかバジルソース)をつけたりして食べました。

e0191974_7453968.jpge0191974_746388.jpgかきなんかもあります。オイスターバーとか結構見ました。私はノロになったことがあるので怖くて食べれませんでした。

e0191974_7463916.jpgマリナーラ!ダンジネスクラブいり。ダンジネスクラブは特産品みたいです。リングイネのパスタが入っているのですがこれがゆですぎてのびたような食感でした。もしかしたら注文入ってからパスタをゆでないのかも…でもソースの味はおいしかったです。パスタもうどんと思えば悪くない。これが一人前ですから恐ろしい。まわりの外人さんはこの鍋を自分の前において食べてました。でもあまったらドギーバッグでお持ち帰りできます。店員さんがあまってたら必ずどうしますか?と聞いてくれるそうです。持ち帰れるのはなんかいいなと思いました~


次はワイン!

e0191974_7571062.jpg


                         かに
[PR]
by papotage | 2010-03-01 07:58 | 旅 jour